【おやこ留学体験記】3月におやこで留学された生の体験記です

2018年3月に、風華ちゃん(10歳)と美沙さん(42歳)がデティに留学されました。その時のお話を伺いましたので掲載します。短い滞在でしたが、日本とは全く違った環境で新しい「何か」を見つけられたようです!日本の学校で「生きづらさ」を感じている子どもさん、お母さんにぜひ読んでいただきたいです。

◯デティに来た動機を教えてください。
☆子どもの世界を広げてあげたかったから。
☆異文化や外国の人々と触れ合いながら、コミュニケーションツールとして、楽しく英語を学んで欲しかったから。
☆親子喧嘩をお休みしたかったから。

◯実際にこちらへ来てみてのファーストインプレッションはどうでした?
まず、親子二人で、大きなコテージを貸切できることにびっくり‼ 到着してすぐは、フィリピンの暑さに慣れず、自然と共にあるデティでの滞在中、この暑さになれるか正直不安でした。しかし、スタッフの方がとても親切でお腹が空いたという娘に、ご厚意で美味しい料理を出して下さり、親子で「美味しいね。有り難いね」と味わいなから食事が出来て、優しさにホッと救われた初日でした。

◯フィリピンに来て、考え方やイメージなど、ここが変わったという部分がありましたら教えてください。
日本では、こうあるべきだ、こうしなければと色々なことを気にして息苦しくなっていましたが、様々な方と交流する中で、色々な価値観に触れたり、デティの皆さんが思いっきり笑って遊ぶ姿を目の当たりにして、自分の中の何かが弾けずっと思いっきり笑うことを忘れていた私が、滞在中、毎日大笑いの連続でした。こんなに楽しい日々が人生の中で訪れるとは思ってもいませんでした。日本に帰国してからも親子で沢山笑った思い出は、共有の素敵な思い出となっています。勇気を出してチャレンジして、本当に良かったと思います。

続きはこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です