ソーシャルイノベーション☆スタディツアー2018 inネグロス島

ソーシャルイノベーションスタディツアー2018 inネグロス島

フィリピン・ネグロス島はサンゴ礁や火山など雄大な自然が残り、ビサヤ地方の伝統文化が今も残っています。一方で、都市部ではストリートチルドレンが路上で生活しており、山間部の農村では、経済的な貧困から学校に通い続けることが困難な子どもたちが存在します。当スタディツアーでは、子どもたちの継続的な教育を達成するために、デザイン思考を用いて、農村のコミュニティにおいて生活改善のためのイノベーションアイデアを創造します。

<プログラムの詳細>

【活動場所】フィリピン/ネグロス島オリエンタル州(海と山の続く美しい島)

【活動期間】2018年3月4日~3月15日(12日間)

【活動詳細】

  • 電気も水もない村へ入り子どもを取り巻く環境・村の生活状況をリサーチ
  • 村の学校を訪問し子どもたちと文化交流
  • フィリピンの伝統文化や食べ物に触れる,村でのホームステイ
  • イノベーションを起こすために「デザイン思考」を学びます
  • 村の人々にイノベーションアイデアを発表し改良し,実際に提案したアイデアを試行します
  • 世界屈指のサンゴ礁の海でシュノーケリングやウミガメに会えます(オプション)

*デザイン思考:スタンフォード大学開発の世界的に有名な課題解決の手法

【募集人数】6名 *応募者多数の場合は先着順となります

【参加資格】18歳以上の学生.参加動機が当プログラムの趣旨と合致している方.開発途上国へ渡航したことのある方が望ましいですが,必須ではありません.

【参加費用】168,000円 *航空券/宿泊/現地交通費込みの値段です(福岡発着)

【申込締切】2017年12月23(土)*締切を過ぎて申し込む場合はご相談ください.

*当プログラムは資格のある旅行業者に渡航アレンジを依頼しています.

お申込みなど,詳しくはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です