ネグロス島台風被害災害支援隊を派遣しました!

多くの方からのご寄付ありがとうございます。*後日、ご寄付の詳細はお知らせいたします。

12月16日に猛烈な台風22号がネグロス島を直撃したことを受け、DETiとイマジナスでは皆さまに「ネグロス島災害復興基金」へのご協力をお願いしておりました。

お陰様で多くの方からのご寄付をいただき、12月29日に、甚大な被害が出ているネグロス島南東部のBais市とManjyod市方面へ、現地イマジナス・DETi関係者が災害支援に入りました。

この地域は、暴風と浸水により家屋が破壊され、多数の死者が出ています。

現地では現在、飲水と食料、生活物資が不足しているとのことです。

今後、イマジナスでは皆さまから頂きました災害支援金を、以下の予定で活用させていただきます。

・被害が特に大きい地域へのへの災害派遣、緊急支援物資(約200世帯)
・現地のイマジナス・DETi(学校)スタッフ家族への家屋修繕費用、必要物資(約20世帯)
・奨学金対象生徒の家族への支援(10世帯)
・特に被害が大きかった世帯への住居関係支援
・村の小学校の復旧
・現地拠点となるイマジナス・DETi(学校)の建物修復 

幸いにも、イマジナス・DETi関係者とその家族の安否は確認できました。

奨学金を受けている村の子どもたちとその家族の安否は、現在確認しております。

今後、現地の状況と災害支援活動を更新していきます。

2 件のコメント

  • 2021年の年末にも、救援活動を実施されていると知り、
    敬意を表するとともに、心から感謝を申し上げます。
    救援活動の予定も拝見し、具体的な活動をイメージできました。
    更なる支援が始まる時にはホームページでご案内ください。
    ぜひ、協力させて頂きます。

    • 力強いご支援ありがとうございます!
      引き続き支援状況を報告いたしますので、よろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です