史上初・アルパとライアーのコラボレーション!

8月13日(火)は、幸代さんのアルパとYokoさんのライアーがコラボするという、おそらく、これまで誰もしたことのない試みにお2人が挑戦しました。

アルパはパラグアイで生まれたハープの一種、ライアーはシュタイナー教育の中で使われる心地よい和音だけが生まれる楽器です。
この生まれも育ちも異なる二つの楽器が見事にコラボしました。
床に寝転がり、音色とともに振動を体で感じ、瞑想の世界へと導かれます。

後半は子どもたちが星空見学に出かけている中、女性限定でRe-bornの瞑想を行っていただきました。
自分の生まれた時に記憶をさかのぼり、お母さんの子宮から再び生まれてきます。
私が子宮にいたときには、まるで宇宙をさまよっているような気分でした。
この世に生まれた後は、ただ成長するだけで周りから喜ばれ、周りを幸せにしていた子どもの時を経て、その後は成長とともにいろいろな要素が複雑に絡んで、単純には考えられなくなってしまった大人の自分。
セッションが終わった後は初心に還った気分でした。
命へのありがたみ、家族への愛情を思い出しました。
参加者はそれぞれがそれぞれいろいろな思いを抱いたようです。

さちよさん、Yokoさん、ありがとう。

Haruna

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です