学校のビーチから1分で大きな回遊魚が!バラクーダとの遭遇

DETi(学校)の前にバラクーダとギンガメアジの群れが!?
 
DETiはネグロス島(オリエンタル)の州都ドマゲティから
30分くらいの町サンボンギータにありますが、
この目の前の海には大きな回遊魚が来ます!
 
仕事が終わり、だいたい17時には「海が呼んでいる!」
という合言葉のもと、目の前のビーチから海に飛び込みます。
 
そこは別世界!!
この季節は、9割くらいの確率で、
バラクーダ(オニカマス)の群れに遭遇します。
普通は、ダイビングで少し潜ると会えるのですが、
ここでは足がつくくらいの遠浅の海に、
シュノーケリングで出会えます!
 
強面の顔のバラクーダですが、
細長い(1m)体にストライプが入っており、
青白く光る美しい魚体なのです。
それが数十匹の群れで、こちらに寄ってきて、
体の周りを旋回するトルネードを起こします。
 
ギンガメアジの子どもの群れなど、
回遊系の大型の魚が、こんな目の前に集結、
動く水族館ですねー。
 
1分でバラクーダ、こんなロケーションないでしょう!
ぜひ、シュノーケリングにお越しください。

バラクーダ

ギンガメアジの幼魚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です